講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

辺真一ぴょん じんいる

ジャーナリスト

プロフィール

1947年 東京都荒川区生まれ。
明治学院大学(英文科)卒業。
日本で韓国刻印の声を伝えたいという想いからジャーナリストを志し、大学卒業後、新聞記者(10年)を経て、フリージャーナリストへ。

1980年 北朝鮮取材訪問
1982年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。現編集長
1985年 「神戸ユニバシアード」で南北共同応援団結成。統一応援旗を製作
1986年 テレビ、ラジオで評論活動を開始
1991年 南北国連同時加盟記念祝賀宴を東京で開催。
     北朝鮮への名古屋からの民間直行便開設に助力
1992年 韓国取材開始
1998年 ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー
1999年 参議院朝鮮問題調査会の参考人
2001年 ラジオNIKKEIで在日による番組「コリア・ホットインフォメーション」を制作
2003年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~2015年3月)を歴任

長年に渡り韓国・北朝鮮関連情報を発信し続けている。
拉致問題・核開発をはじめとした北朝鮮問題や韓国の政局などに関する解説のため、テレビ、ラジオ、新聞などマスメディアでの評論活動にも精力的に取り組んでいる。また海上保安庁政策アドバイザーを務める等、朝鮮半島問題のスペシャリストとして幅広う活動している。

■主な書籍
 ・「北朝鮮と日本人 金正恩体制とどう向き合うか」 角川oneテーマ21
 ・「大統領を殺す国 韓国」            角川oneテーマ21
 ・「世界が一目置く日本人、残念な日本人」     三笠書房
 ・「「金正恩の北朝鮮」と日本」          小学館101新書         など多数

講演テーマ

人権感覚豊かな社会実現

日本人と韓国人は外見は似ている。しかし、実際には似ていない面、非なる部分が多い。相違の部分を知り、理解することが、相互理解への近道である。類似、共通点を見いだすことも大事だが、異なる部分を理解し尊重することが、隣国同士の付き合いでの鉄則である。
政治、経済、社会、文化、国民、気質、感情、さらには慣習から風俗にいたるまで、両国民を徹底比較検証し、似て非なる日本人と韓国人の姿を浮き彫りにする。

拉致と核問題と日朝関係の行方

日本人拉致問題が今後どのように展開、解決に向かうのか。
日本の安全保障にとって重要な北朝鮮の核問題が、6カ国協議の場で外交的に平和的に解決するのか。
仮に核問題が平和裏に解決せず、米朝間の軍事衝交に発展した場合、日本はどうなるのか。
拉致と核問題が解決した場合、日本と北朝鮮は国交を正常化するが、日本にどのようなメリットがあるのか。
日本と朝鮮半島の将来を予測、展望する。

■その他演題
 ◎ 日本人が今、為すべきことは何なのか?!
 ◎ 拉致・核・在日について
 ◎ 似て非なる日本人と韓国人

■キーワード
 #人権 #韓国 #北朝鮮 #政治

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.28
講師の情報を更新しました!

杉本 彩氏、春川 正明氏、ピーター・フランクル

2020.09.25
講師の情報を更新しました!

白澤 卓二氏、林家 うん平氏、林家 笑丸

2020.09.24
講師の情報を更新しました!

白駒 妃登美氏、田中 敏夫氏、林 典子

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター