0120-61-6226平日9:00〜17:00

宮川俊二みやがわ しゅんじ

キャスター

プロフィール

1947年生まれ。愛媛県出身。A型。
早稲田大学第一文学部社会学専攻卒業後、
1970年に日本放送協会(NHK)に入局。
以降、山形→岐阜→高松→福岡→名古屋→東京の各局に勤務。
1990~1992年は「ミッドナイトジャーナル」のメインキャスターを務める。
1993年にNHK退職後フリーとなり、ベトナムで日本語講師として充電し、
1994年以降様々なニュース番組などでキャスターを担当。
2003年フジテレビ専属契約終了。フリーに。
2008年4月より早稲田大学非常勤講師。
2017年レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ ジャポン」初代編集長に就任。
報道・情報・バラエティ番組・CMでも幅広く活躍。

■主な出演
 (テレビ)
  フジテレビ「ネプリーグ」、「カスペ!お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル13」、
       「爆笑レッドカーペット」、「クイズ!ヘキサゴンⅡ」
  日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」、「ラジかるッ」、「オジサンズ11」、
       「おとなの学力検定スペシャル小学校教科書クイズ!」
  TBS    「世界バリバリ★バリュー」
  NHK    「土曜ドラマ『ハゲタカ』」
  テレビ東京「カラオケ★バトル5」、「カラオケ★バトル7」、「カラオケ★バトル8」、
       「カラオケ★バトル9」、「カラオケ★バトル 芸能界No.1決定戦」、「カラオケ★バトル11」
  BS11   「賢者の選択」、
  BSジャパン「大人のツボ!」
  BSフジ  「クイズ!脳ベルSHOW」
  東海テレビ「ぴーかんテレビ」
  関西テレビ「ムハハnoたかじん」
  毎日放送 「っちゅ〜ねん!」、「ちちんぷいぷい」、「チュー’sDAYコミックス 侍チュート!」、「知っとこ!」
  読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」他多数

 (CM)
  アリコ、東洋ゴム工業、サントリーBOSS、SoftBank「白戸家」、
  日本郵便「ちゃんと年賀状」、Cygames「グランブルーファンタジー」、日経新聞電子版 他

 (書籍)
  ・「アオザイの国へ~キャスターが見たベトナムの10年~」同友館
  ・「声力の磨き方―相手の心に届く声をつくる」 (同友館)

■主な肩書き
・ワインエキスパート
・名誉ソムリエ
・唎酒師
・レストランガイド元編集長
・地方創生アナリスト
・ブランディングアドバイザー
・愛媛ブラッドオレンジ大使
・ビジネスコーディネーター

講演テーマ

報道と人権~メディアを読み解く力~

「人権を守る側のマスコミも、時として行き過ぎた報道をすることがある。
みなさんにはメディアを読み解く力を持っていただきたい」と話す。
キャスターの仕事を通して、「客観報道」の難しさについて指摘。
「どこかの情報をもとにしているのを『客観報道』と言っている。事件の場合だと警察の発表になるわけだが、
その情報が行き過ぎた報道に発展することもある。」
例に挙げたのは1994年の松本サリン事件で、長野県警が第一発見者に疑惑の目を向けたこと、
さらにはマスコミ数社も追随したことを残念がった。
1999年の桶川女子大生殺害事件についても、「マスコミは被害者である彼女の人権、
プライバシーについてもっと配慮すべきだったのでは」と指摘した。
「今の時代は、時としてメディア側の人権感覚が問われている。
知る権利の名のもとに報道が行き過ぎてはいないだろうか。
たえずチェックしながら、人権に配慮する姿勢を持つようにしたいもの」と結ぶ。

地方創生~ブランディングがまちを活性化するこれだけの理由~

時代を読み取る力~正しい判断を導く為の情報マネジメント(情報整理術)~

■その他演題
 ◎ どうなる!これからの日本 ~キャスター宮川俊二のニュースの目~
 ◎ ニュース番組ができるまで~NHKと民放~
 ◎ キャスター宮川俊二のよもやま話
 ◎ 地方創生~食・情報発信・ブランディング~
 ◎ 報道と人権~キャスターから見た人権~
 ◎ ワインと料理の楽しみ方
 ◎ ワインの魅力~なぜ人々は魅了されるのか~
 ◎ ベトナムの魅力~アオザイの国~
 ◎ 声力の磨き方―相手の心に届く声をつくる―
 ◎ 人に伝わる話し方~ちょっとの工夫でここまで変わる~
 ◎ 自分らしさの見つけ方~セカンドライフの楽しみ~
 ◎ 本当の美味しさとは何か~食の原点を探る~

■キーワード
#生涯学習 #キャスター #ビジネス #人材育成 #人権 #人権全般

講演会開催をご検討中の方

お電話でのお問い合わせ・ご相談

0120-61-6226平日9:00〜17:00