講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

橋本大二郎はしもと だいじろう

前高知県知事 / 早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授

プロフィール

1947年、橋本龍伍の次男として東京都に生まれる。
学習院初等科、麻布中学・高等学校を経て、慶応義塾大学卒業。
日本放送協会(以下NHK)に入局し、福岡放送局の記者を皮切りに、
大阪・東京で主に社会部畑を歩む。
「NHKニュースTODAY」の社会部門キャスターとして昭和天皇の闘病、崩御、
今上天皇の即位など皇室報道を担当する。

1991年8月にNHKを退局し、同年11月に行われた高知県知事選挙に立候補。
同知事選挙史上最多の31万6968票を獲得し史上初めての戦後生まれの知事として、
当時の知事の中では最年少の44歳で当選。以後、4期5選16年同県知事を務める。
知事在任中には、組合が人事に介入してきた、人事諮問制度や闇専従の廃止に続いて、
「わたり」と呼ばれる役所特有の給与制度を是正し、労使関係を県民の視点で見直す。

また、官官接待の廃止や、「公設民営」という新しい方式での高知工科大学の開校の他、
全国の自治体で取り入れられた森林環境税の導入や、1.5車線での道路整備の予算化など、
地方自治体の新たな試みを全国に情報発信した。
あわせて、減反政策に対して県は関与をしない旨の表明をするなど、
国に対しても積極的に発言した他、国民体育大会の在り方にも疑問を呈し、
無理な強化や資金調達を控えることで、国体のスリム化を果たした。

行財政改革への取り組みや新たな政策への提案は、元祖改革派知事との評価を受けた。
近年は、国が地方の隅々にまで目を配る、現在の中央集権型の体制を改めて、
財源と権限の移譲を受けた地方が、自らの知恵と努力と責任で、
自らの将来を決めていけるような、「地域自立型の国づくり」を目指して、
TVや講演会活動などを精力的に進めている。

■主な出演
 (書籍)
  ・「破天荒、大二郎がゆく」講談社
  ・「対談 知事として」毎日新聞社・共著
  ・「政治家無用論」講談社
  ・「土佐発 情報維新」徳間書店
  ・「折り紙の四季」KKベストセラーズ
  ・「民と官共著」講談社
  ・「知事」平凡社
  ・「橋本大二郎 いつもハッピー」講談社
  ・「未来へ霞が関と永田町大改革の処方箋」プレジデント社

 (過去のテレビ出演)
  テレビ朝日 「ワイド!スクランブル」「グッド!モーニング」「やじうまテレビ!」
  毎日放送  「ちちんぷいぷい」 他

講演テーマ

今後の政治の行方と国づくり

行政とは無縁の世界から高知県知事に躍り出て独自の改革を着々と進めてきた橋本大二郎。
地方政治が生き生きし始めている今、混迷する日本の進路を決めるのは“地方”の力。
自治体と地域社会のなすべきことを率直に問いかけ、
この国のあり方を草の根から変えていくための斬新な発想を指し示す。

これからの人権政策と取り組み

自身の父親が障害者であった事から、障害者福祉にも強い関心があります。
父の障害から学んだ事や、高知県知事時代に人権・同和問題に対しての取り組みや諸問題、
当時の思いなどについて紹介し、今思うこれからの人権啓発・同和教育について話します。

障害者福祉問題~障害者だった父から学んだこと~

障害者の問題はいつまでたっても解決されていない、もちろん当事者でしか分からないことも山積していることも
原因の一つで、自身の父親が障害者であったことから学んだ実体験を中心にお話します。

■その他演題
 ◎ 農業の再生を目指して~日本の農業に欠けているものは
 ◎ 医療問題~医療の発展は人間の幸福につながるか
 ◎ 自らの体験に基づく教育論~日本型教育の見直しの提言

■キーワード
#ビジネス #政治 #経済 #生涯学習 #文化人 #人権 #高齢者の人権 #障がい者の人権
#学校 #教育 #PTA #教職員

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.18
講師の情報を更新しました!

吉田 正美氏、 笑福亭 松枝

2020.09.15
講師の情報を更新しました!

養老 孟司氏、横石 知二

2020.09.14
講師の情報を更新しました!

山田 亮氏、山手 勝

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター