講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

皆川博伸みながわ ひろのぶ

企業向け危機管理コンサルタント / 防犯アドバイザー / 株式会社STU代表

プロフィール

サラリーマン時代に防犯設備士の資格を取得。
数々の施設に防犯カメラシステムの販売施工実績をもつ。
防犯の仕事をしながら、プロのボディーガードの技術指導をしている
国内トップクラスの指導員に師事。
FBIやSWATなど世界の治安機関が採用する護身格闘術と要人警護のノウハウを学ぶ。
サラリーマン時代、医療機関では「院内暴力」「モンスターペイシェント」が
社会問題となっていた。
この問題に対し防犯設備士としての知識と護身のノウハウを組合せて
院内暴力対策をすることはできないだろうか…そう考えるようになった。
FBIも採用する護身術とその理論を医療機関・企業向けの暴力対策用に体系化、
オリジナルの研修メニューを構築する。

現在では「モンスタークレーマー」「カスタマーハラスメント」が社会問題となり、
これを原因とするスタッフの離職・人財定着は企業にとって新たな課題となっている。
この問題を企業と一緒に考えるカスタマーハラスメント対策コンサルタントとして活動中。
また、福岡の性犯罪撲滅のために一般向け護身術セミナーも展開している。

■主な出演
 (テレビ)
  FBS福岡放送   「バリはやっ!」
  TNCテレビ西日本 「ももち浜S特報ライブ」
  RKB毎日放送   「今日感テレビ」

 (雑誌)
  ・「Bizread FUKUOKA」49号

講演テーマ

モンスタークレームを教材にさまざまな危機管理を学ぶ

実際に起きた企業トラブルから危機管理を学ぶ

世の中の手に負えない理不尽に一個人、企業人としてどう対処するか
多くの行き過ぎたクレームへの対処事例から 危機管理を始め役に立つ様々なことが学べる!!

・フィアー(恐怖心)マネジメントの大切さ、恐怖の殆どは妄想である
・安全を保つために
 知っているにこしたことはない ⇒ 使わないにこしたことはないが危機管理の本質
・リスクに気づく危険感受性を高める方法
・誰でも簡単に出来る!イスラエル軍に伝わる軍用格闘技護身術「クラヴマガ」使える技を伝授

実際に起きたトラブル事例・・・
保育所で起きたコロナウイルスクラスター、紛糾・炎上する住民説明会、職員を守るための危機管理。
あなたならどうする?

■キーワード
#安全大会 #ビジネス #教養

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.25
講師の情報を更新しました!

白澤 卓二氏、林家 うん平氏、林家 笑丸

2020.09.24
講師の情報を更新しました!

白駒 妃登美氏、田中 敏夫氏、林 典子

2020.09.23
講師の情報を更新しました!

若木 志帆氏、渡辺 真由子氏、白石 真澄

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター