講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

柳亭金車りゅうてい きんしゃ

落語家

プロフィール

“安全落語”と称する労働防災問題を題材としたユニークな講演が好評の落語家。

1941年東京・亀戸生まれ。
1964年法政大学経済学部卒業後、柳家小さんに入門。
年真打ちに昇進、「柳亭金車」を名乗る。
政治落語や経済・防災などのテーマで全国で講演する。

前座名は「柳家小丸」。1968年3月、二つ目となる。
1975年にはNHK若手落語コンクールに優勝。
そして1978年、真打ちに昇格し現在に至る。
落語は古典ものを中心とし、出囃子は長唄の「鴨亀」。

一方、1969年からキックボクシングのリングアナウンサーを務めたり、
また1974年からは日本ハム・ファイターズの私設応援団長として活躍している。

選挙応援は落語歴よりも古いというだけに、政治や経済、世の動きについての関心は
人一倍高く、愛読新聞は日本経済新聞というから大変なものである。
それだけに“政治落語”“経済落語 ”と銘打った講演活動にも積極的で全国を駆け回っている。
なかでも労働災害防止問題をテーマとした講演では全国建設業労働災害防止大会、
陸上貨物運送事業労働災害防止大会、全国クレーン安全大会など数多くに出講。
建設・生産現場に何度となく出かけ、自らの実体験をベースに面白、おかしく話す中、
「労働災害防止」「健康」「快適職場づくり」についてのポイントを分かり易く問いかける。

■主な書籍
 ・「柳亭金車のちょっといい話」 労働調査会

講演テーマ

柳亭金車の「安全落語」~噺は落としても、命は落とすな~

・安全週間への歴史 ・労災の現状 ・朝礼は、寄席のテクニックをつかえ
・落語協会のハインリッヒの法則、ワンポイントK・Y・K
・噺家が行った1000ヶ所の現場報告 ・タバコのポイ捨て、言葉のポイ捨て
・葉書1枚で昇進の秘密あり ・プロ野球にみる安全のプロたち
・「安全は信用、信用は宝、宝はひとり、ひとりの作業員」
・「情けは人の為ならず、めぐりめぐりて・・・・」

自費で全国の建設会社や工事現場などに行き、生の現場を見て体験してきました。
労働災害を無くしていくには、どうすればよいか。
建設現場をよく知る業界外の第3者の立場から、現場の安全管理・意識についてお話しします。
落語と合わせ、大いに笑いながら楽しんでください。

柳亭金車の「経営落語」~人の心をつかむ~

・プロ野球を語る
・アマとプロ
・安全パトロール
・修行と楽屋模様
・選挙アレコレ

日本の商習慣の良い点・悪い点をはじめ、会社組織のあり方、運営の方法、人間関係の大切さを盛り込んだ経営落語。
堅苦しくなりがちなテーマも、笑いに変えた、楽しめる講演です。

■その他演台
 ◎ 噺家の安全朝礼
 ◎ 噺家の安全パトロール
 ◎ 経営落語~プロ野球に見る管理者のリーダーシップ
 
■キーワード
 #安全落語 #政治落語 #安全 #ビジネス #落語

講演ジャンル

お知らせ

2020.11.24
新講師の情報をアップしました!

林 映寿

2020.11.24
講師の情報を更新しました!

宮端 清次

2020.11.20
講師の情報を更新しました!

安藤 和津

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター