講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

二ノ丸友幸にのまる ともゆき

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会リソースコーチ /
元U17・18ラグビー日本代表コーチ / Work Life Brand代表

プロフィール

1979年大阪府生まれ。

ラグビーを始めるため名門・啓光学園中学・高校、同志社大学に進学し、
SH(スクラムハーフ)として活躍。

同志社大学卒業後は、ラグビーの本場ニュージーランド留学を経て、
ジャパンラグビートップリーグ・クボタスピアーズでトップリーガーとして選手生活を送り、2006年に引退。
引退後は、株式会社クボタにて、広告宣伝部等に従事するなど社業に専念する。

2012年に日本ラグビーフットボール協会リソースコーチ
(協会から任命を受けたトップコーチ)となり、
U17、U18ラグビー日本代表コーチを歴任するなど、
特にユース世代の選手の育成・強化に携わる。

2016年には約15年勤務した株式会社クボタを退社し、人材育成研修事業や
スポーツコーチング事業を主に展開する「Work Life Brand」を設立し、代表に就任。
全国屈指の強豪チームである御所実業をはじめ全国12チームをディレクション(指導)する。

また、テレビ解説、ラジオなどのメディアにも出演中。

講演テーマ

強い組織に不可欠な主体的に行動する「自考動型人財」の育成

スポーツ界の3K(「きつい」・「きたない」・「きけん」)競技のイメージと
昨今の少子化の影響などで競技人口減が続くラグビー。
この逆境とも受け取れる状況から質の高い“人材育成”で日本ラグビー界を下支えする二ノ丸氏が
主体的に行動する「自考動型人材」の育成ノウハウと変革を成し遂げるための熱い想いを語ります。
指示待ち人財ではなく、今自分が直面している状況、置かれている立場において、
何をしないといけないのか、どのような言動をすべきかに気づき、考え、行動し、成長できるか、など、
主体的に行動できる人財を生み出すアプローチについて参加型形式で学びをご提供いたします。

①主体的行動をする人材
自主的ではなく主体的に行動する人材とは

②現代リーダーシップとは
リーダーの役割とは

③理想の部下を育成するリーダーのアプローチとは
部下の特性に見合った指導が不可欠

強い組織に不可欠なリーダーシップと フォロワーシップ

強い組織には強い組織になりうる理由がある。
その一つとして、部下(選手)が主体的に行動できる仕組みや環境を構築、
提供できるリーダーの存在・役割をリーダーシップ、フォロワーシップの観点からお伝えいたします。

①主体的行動をする人材
自主的ではなく主体的に行動する人材とは

②現代リーダーシップとは
リーダーの役割とは

③理想の部下を育成するリーダーのアプローチとは
部下の特性に見合った指導が不可欠

”伝える”→”伝わる” 言語化コミュニケーション

伝わってこそのコミュニケーション。
プロスポーツの現場でも活用されるコミュニケーションの3大スキルをはじめ、言語化スキル向上を紐解く。

①コミュニケーションスキルとは
コミュニケーションスキルに不可欠な3つのスキル

②「伝える」から「伝わる」話し方、伝え方
物事を進める上でのミスの大半は「伝える」で終わっている

③言語化スキルとは
頭の中のイメージをいかに言葉で発信できるか

■その他演題
 ◎ 自考動型人材(選手)を育成するコーチングアプローチ
 ◎ 自分で考える習慣を
 ◎ アスリートに不可欠なデュアルキャリア
 ◎ 強い組織に不可欠なフォロワーシップ
 ◎ 社会で活躍する人材とは
 ◎ 社会で活躍する人材の育成法とは
 ◎ ティーチングとコーチングの違い 他

講演ジャンル

お知らせ

2020.10.20
講師の情報をアップしました!

佐野 麗美

2020.10.19
新講師の情報をアップしました!

渡辺 陽子

2020.10.16
講師の情報をアップしました!

加納 由理

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター