講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

ケント・ギルバート

米カリフォルニア州弁護士 / タレント

プロフィール

1952年、アイダホ州に生まれ、ユタ州で育つ。70年、ブリガムヤング大学に入学。翌71年に初来日し、九州を中心に約2年居住。75年には沖縄国際海洋博覧会の職員として沖縄県に約半年居住。同大大学院に進学して、経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得。カリフォルニア州弁護士資格を取得後、国際法律事務所に就職。法律コンサルタントとして80年から東京在住。83年からテレビに出演して人気タレントへ。現在は講演や執筆活動を中心に、多忙な日々を送る。最近では、日米の関係などを始め多数のテーマで執筆・講演活動をしている。

■主な著書

『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』
(いずれもPHP研究所)
『米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法の正体』(角川新書)
『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社)
『日本覚醒』(宝島社)                       など

講演テーマ

アメリカ人から見た『和』の国 日本

法学博士であり米国弁護士でもあるケント・ギルバートが、身近な出来事から憲法運用の不思議に鋭く斬り込む。思わずうなずいてしまう異色のNIPPON論。

■主なテーマ
◎「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」(著書タイトル)
◎「素晴らしい国、日本に告ぐ」(著書タイトル)
◎「日本覚醒!」(著書タイトル)
◎「日本の自立と覚醒が世界を救う」
◎「素晴らしい国、日本の自立と覚醒を待望する」
◎「戦後日本の自虐史観の正体とその呪縛の解きかた」
◎「だから日本は素晴らしい 世界があこがれるこの国に暮らして」
◎「アメリカ人から見た『和』の国 日本」
◎「日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について」(APA懸賞論文)
◎「自虐史観が日本の安全保障に与える悪影響について」
◎「米国人法律家から見た憲法論議の不毛」
◎「憲法改正と日本の自立」
◎「誇りある日本の再生と自主憲法制定」

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.25
講師の情報を更新しました!

白澤 卓二氏、林家 うん平氏、林家 笑丸

2020.09.24
講師の情報を更新しました!

白駒 妃登美氏、田中 敏夫氏、林 典子

2020.09.23
講師の情報を更新しました!

若木 志帆氏、渡辺 真由子氏、白石 真澄

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター