0120-61-6226平日9:00〜17:00

数年で業績を回復し、100億円で売却できた手法とは?

平美都江たいら みとえ

株式会社インプルーブメンツ 代表取締役社長

プロフィール

1956年 東京都大田区生まれ。
1977年 日本女子大学理学科を、父・昭七の看病のため中退し、父が設立した平鍛造株式会社に入社。
1986年 工場のオペレーターや営業職を経て、専務取締役就任。

宅地建物取引士、CFP、一級ファイナンシャル・プランニング技能士などの資格を次々と取得。父の天才的な技術で製造される超大型鍛造リングにより、他の追随を許さない企業として急成長を遂げる。
その後、リーマン・ショックによる景気悪化などにより受注量が激減。型破りな父による強引な客先交渉が裏目に出て、2009年に廃業する事態に。
会社存続の危機に追い込まれる中、代表取締役社長に就任し、営業を再開。一度離れた顧客の信頼回復に努めつつ、数々の経営の合理化を進め、数年で業績を回復させる。

2018年大手上場会社へ株式を90%譲渡するが、2021年6月まで代表を務める。
その後、株式会社インプルーブメンツを設立し、代表取締役に就任。
本の執筆、講演会講師、改善コンサルで活躍。

■主な書籍
 ・「なぜ、おばちゃん社長は、価値ゼロの会社を100億円で売却できたのか」ダイヤモンド社
 ・「なぜおばちゃん社長は「絶対安全」で利益爆発の儲かる工場にできたのか?」ダイヤモンド社
 ・「なぜおばちゃん社長は「無間改善」で利益爆発の儲かる工場にできたのか?」ダイヤモンド社

講演テーマ

なぜ、おばちゃん社長は価値ゼロの会社を100億円で売却できたのか

石川県羽咋市の中小企業を経営していた3代目おばちゃん社長。
鍛造工業としてそれなりに知られていたものの、職人肌の創業者・父は経営数字に一切関心がない。
しかし、2代目だった弟の不慮の死から急変。
突然、会社を絶たむと言い出し、取引先の上場企業の社長までやってきても説得叶わず。取引先が離れていき、仕事は激減。従業員のため、鍛造技術を残したい一心で3代目社長に就任するも、創業者である父は認めず、訴訟に発展。何とか和解するも状況は変わらない。

逆境だらけの環境下で事業を継承し、数年で業績を回復させ、100億円もの大金を得ることが出来たのか。
自身の経験から、全国の悩める中小企業に役立つ実践的経営ノウハウを伝授します。

■その他演題
 ◎ なぜおばちゃん社長は「絶対安全」で利益爆発の儲かる工場にできたのか?
 ◎ なぜおばちゃん社長は「無間改善」で利益爆発の儲かる工場にできたのか?

■キーワード
#ビジネス #経営 #マネージメント #働き方改革

講演会開催をご検討中の方

お電話でのお問い合わせ・ご相談

0120-61-6226平日9:00〜17:00