講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

進藤勇治しんどう ゆうじ

産業評論家 (元通産省企画官、前東京大学特任教授)

プロフィール

通産省に入省し、マサチューセッツ工科大学客員研究員、通産省国際研究協力企画官、東京大学特任教授等を歴任。経済・産業問題、エネルギー・環境問題等に関して、最新の専門情報を提供しつつ、社会の動向と産業界の課題などを丁寧でわかりやすく解説し、好評を得ている。また、企業の経営指導やテレビに出演して解説等を行っている。

【略歴】
1951年 愛媛県生まれ
1974年 東京大学工学部 卒業
1976年 東京大学大学院 修士課程修了
1976年 通商産業省 入省
1984年 工学博士 (東京大学)
1986年 米国マサチューセッツ工科大学客員研究員 (国費派遣)
1995年 通商産業省 工業技術院 国際研究協力企画官
1996年 通商産業省 退官
企業の顧問等
2008年 東京大学 特任教授
2010年 進藤産業研究所 代表、現在に至る

■主な出演番組・著書

フジテレビ  めざましテレビ/ ニュースな晩餐会
テレビ東京  たけしのニッポンのミカタ!/ ニュース・ファイン
BS      エコノミマルシェ
NHK・教育テレビ 他

講演テーマ

激動する世界情勢と日本経済の展望

英国のEU離脱は、英国をEUの拠点としている多くの日本企業に影響を与えます。日本にとってEUは中国、米国に次ぐ貿易相手ですが、日欧EPAが発効しました。米国はTPPを離脱しました。また米国は中国等に貿易戦争を仕掛けました。世界の情勢が不透明で混乱する中、世界経済の動向を見極めつつ、今後の日本経済を展望し、また企業のとるべき対策を提示します

日本の農業の課題と展望

国際的に自由貿易が推進される中、日本の農産物について、特に価格面での国際競争力が問題になっています。そのような中、農協も含め日本農業に対して様々な改革案が出されています。今の日本農業には冷静で客観的な視点による分析が最も重要ではないでしょうか。私の講演では、中立の立場で日本農業の課題や今後の展望について多角的にお話し致します。

SDGsの意義と企業の取り組み

 SDGsとは? ・・・・「Sustainable Development Goals」の略。
 2016年から2030年の間に達成を目指す国際目標で17の目標と169のターゲットから成っていま す。
 取り組む課題は、貧困削減、格差の是正、気候変動対策や環境保護、持
 続可能な生産と消費、平和構築など多岐にわたります。

 これからの企業経営とSDGsについて、企業の事例をご案内しながら
 取り組む方法などをご紹介します。 

講演ジャンル

お知らせ

2020.07.10

新講師 若村 亮氏のページを追加しました!

2020.07.09

新講師 芳田マサヒロ氏のページを追加しました!

2020.07.08

新講師 岡田 高幸氏のページを追加しました!

2020.07.07

講師ガイドブック請求ページを追加しました!
講師ガイド

2020.07.06

新講師 宮谷 伸一氏のページを追加しました!

チャンネル ツイッター