講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

松本義和まつもと よしかず

パラアスリート / シドニーパラリンピック柔道銅メダリスト

プロフィール

1962年大阪市生まれ。
高校時代に緑内障を発症。20歳で両眼の視力を失い全盲となる。
1983年。21歳で鍼灸マッサージ師の資格取得のため、
大阪府立視覚支援学校へ入学。柔道を始める。
1986年第1回全日本視覚障害者柔道大会(東京・講道館)71kg級3位。
1997年第12回全日本視覚障害者柔道大会95kg級で初優勝。
1998年。第1回IBSA世界選手権マドリード大会柔道100kg級銀メダル。
団体戦銀メダル。1999年フェスピック(障害者アジア大会)バンコク大会柔道
100kg級銀メダル。第14回全日本視覚障害者柔道大会100kg級優勝。
シドニーパラリンピック出場を決める。
2000年シドニーパラリンピック柔道100kg級銅メダル。
厚生大臣賞・大阪市長表彰・大阪府教育委員会スポーツ大賞などを受ける。
2003年第18回全日本視覚障害者柔道大会100kg級優勝。
アテネパラリンピック代表決定。
2004年アテネパラリンピック出場。選手団旗手を勤める。
2005年IBSAワールドカップサンパウロ大会に参加。団体戦で金メダル。

■その他の肩書
・日本視覚障碍者柔道連盟理事
・大阪府立体育会館 難波柔道会会長
・大阪府視覚障害者柔道連盟会長
・長居障害者スポーツセンター柔道部会長
・大阪市立修道館柔道講師
・大阪市視覚障害者福祉協会理事
・住吉区障害者団体協議会理事
・住吉区視覚障害者福祉協会理事
・大阪市住吉区障害者相談員

講演テーマ

エンジョイライフ/楽しく生きやな損!

講演はご自身の経験談の他、視覚障がい者に関する理解を深める内容。とてもわかりやすくて、すぐに役に立つ内容です。
20歳で失明し、そこから行動面や精神面でどんな変化があったか? 生きていくために仕事をし、スポーツを通した楽しく充実した日々について語られます。また、パラリンピックでメダルを取った話、100kmマラソンを完走した話など。 そして視覚障害者として日々不便や不自由を感じつつも、いかにそれらを克服して生活しているかを当事者から直接伺い知ることができます。

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.25
講師の情報を更新しました!

白澤 卓二氏、林家 うん平氏、林家 笑丸

2020.09.24
講師の情報を更新しました!

白駒 妃登美氏、田中 敏夫氏、林 典子

2020.09.23
講師の情報を更新しました!

若木 志帆氏、渡辺 真由子氏、白石 真澄

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター