講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

桂福丸かつら ふくまる

落語家

プロフィール

1978年神戸市生まれ。灘中学灘高校卒業後、京都大学法学部に進学。
2001年卒業。卒業後は英語落語を学びアメリカでも公演を行う。
2007年2月、4代目桂福団治に入門。「福丸」の名付け親は作家の藤本義一氏である。
3月9日に高石アプラホールにて初舞台を踏む。
その後、天満天神繁昌亭ほか、各地の落語会・講演会に出演中。
2013年にはクラシック音楽と落語のコラボレーション
「寄席クラシックス 東京・代々木公演」に12カ月連続で出演。
同年には震災復興イベントとして福島県でも開催された。
2014年には大阪・新歌舞伎座でも公演。
京都大学では、毎年「京大宇宙落語会」を開催。
宇宙をテーマにした新作落語を発表している。
古典落語を中心に演じているが、創作落語も演じる。
2017年には「文化庁芸術祭賞・大衆演芸部門 新人賞」を受賞。
2018年には「花形演芸大賞 銀賞」を受賞。

■主な出演
 (テレビ)
  ケーブルテレビベイコム「福丸がゆく」

 (過去のラジオ出演)
  ラジオ大阪「言葉のことバカリ」
  ラジオ関西「遊・わ~く・ウィークリー」

 (書籍)
  「怒られ力~新社会人は打たれてナンボ!~」明治書院

講演テーマ

笑いとコミュニケーションによる安全対策  ~「人の気』を使って楽しい職場を~

コンピューターには100パーセントがあるが、人にはない。
だとすると確率を上げる以外に事故を防ぐ方法はない。
人を動かす「気」に注目し、個人の意志をまず強固にし、
その後それを複数のチームの意志に、そしてそれを集団の意志にしていくことが重要である。

・人にあって、コンピューターにはない「気」
・良いことを想像できる力と、悪いことを想像できる力、両方が重要である
・小さいミスは許容できる環境づくり
・挨拶、声の出し方の重要性
・仕事のリズムが大事・風通しがよい職場とは
・落語家もチームプレーをしている
・一緒に笑える職場づくり

■その他演題
 ◎ 怒られ力~新社会人は打たれてナンボ!
 ◎ 若者の心に響く怒り方
 ◎ 生きる道の見つけ方~阪神大震災が決めた落語家人生~
 ◎ 楽しく脳を活性化 ~笑って認知症予防~
 ◎ 心と心をつなぐ防災 ~人と人とのコミュニケーションが産む絆~

■キーワード
#安全大会 #笑い #芸能 #ビジネス #コミュニケーション
#生涯学習 #著名人 #健康 #環境

講演ジャンル

お知らせ

2020.10.22
講師の情報を更新しました!

露の団姫

2020.10.21
講師の情報をアップしました!

己抄呼氏、三橋 貴明

2020.10.20
講師の情報をアップしました!

佐野 麗美

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター