講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

林佑哉はやし ゆうや

非言語コミュニケーション講師 / ラテンダンスインストラクター

プロフィール

1985年名古屋市生まれ。外国語学部スペイン学科卒業
2014年、渡仏。
世界ツアーをするプロのダンス集団に混ざりダンス修行。
日本帰国後、ダンスレッスンの提供を開始。国内10カ所で指導。
アマ世界チャンピオンの個別指導も担当。

帰国と同時に人間研究を開始。心理学、脳科学、メンタルトレーニング、武術、人間解析学。
研究してわかったことは、「ダンスのエッセンスで、人間のコミュニケーション能力を高められる」「カラダの使い方で、ココロの状態を良くすることができる」ということ。

言葉の垣根を超え、世界中の人とコミュニケーションができるラテンダンス。
その特徴を活かし、独自に考案したコミュニケーション・メソッドを展開。
「握手をするだけで相手の人柄がわかる」など非言語で相手を読み解く力の開発、
「社内対話の促進とチームづくり」といった本音で協力し合える関係性づくりに
貢献している。

■主な実績
・金型製造メーカーの経営幹部に対してのコミュニケーション研修の実施
・「働き方改革のホント」イベントにて関係性の体感ワークを実施
・京都やましろ企業オンリーワン倶楽部「人が辞めない成長する会社」にて関係性の体感ワークを実施
・アパレル販売業における人材育成研修とコミュニケーション研修

講演テーマ

現場で活かす円滑コミュニケーション術 ~サルサダンスのスキルから学ぶ 意思疎通の極意~

サルサダンスとは・・・
アメリカのプエルトリコ移民を中心に作られた男女ペアのダンス。サルサの魅力は「即興」のダンス。
型が決まっていないので、男性が相手と状況(曲)に合わせて意思疎通をはかり、判断をしながら、心地よい時間を作る。
海外修行を含めた16年のサルサの経験から紹介します。

こんなことが学べます!
●たった5分で自分を相手に理解してもらう方法
●お互いのちょうどいい関係性を体感して理解する
●丁寧に相手に接すると相手は自然に変わる

言葉を使わないで意思疎通を図るサルサのスキルは、現場での良質な意思疎通が伝達不全を防ぎ、
また風通しの良い現場維持が期待できます。

■その他のテーマ
◎ 良質な意思疎通で風通しの良い職場へ~サルサダンスから学ぶ対人コミュニケーションスキル~(経営者・リーダー向け)
◎ サルサダンスから学ぶ相手に合わせるコミュニケーション術

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755