講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

梅垣和英うめがき かずひで

プラム経営ラボ 代表 / (前)アシックス商事 代表取締役社長

プロフィール

1953年12月17日生まれ

1978年 神戸大学経営学部を卒業後、(株)アシックスに入社
アシックス米国販売会社管理部長、アシックス商事(株)への出向を経て
1991年 アシックス商事(株)に入社
①米国販売会社で管理部長として管理業務全般の実務を経験
②アシックス商事(株)では大阪証券取引所第2部上場準備業務全般を
担当2003年、東京証券取引所第2部上場の際にも統括業務

その後、1992年 取締役、2003年 代表取締役副社長、
2014年より代表取締役社長
2018年3月15日をもち、アシックス商事代表取締役を退任。

■職務歴・実績など

①アシックス商事(株)は1953年創業以来、64期間一度も赤字決算がなく、堅実経営を継続して実践した
②社長就任以降、創業以来の理念経営を継承しつつ、「バリュープロポジション」経営を推進、増益を継続し2017年には最高益を達成
③企業の目的は「社員が幸せになること」を原点に、働きがい・自主性を重んじつつ、働きやすい職場づくりや待遇改善に取り組んだ

注)アシックス商事(株)は2013年に(株)アシックスの完全子会社になり、上場廃止となった

講演テーマ

60年黒字のアシックス商事 変化対応の経営哲学

各企業が経営に頭を悩ます昨今、創業以来60年以上黒字経営を続けたアシックス商事。
創業理念を実現をめざしつつも、大きく変化する経営環境。
この変化に対応するための基準が、以下の3本柱です。
①「人を大切にする経営」②「バリュープロポジション経営」③「キャッシュフロー経営」を各施策と投資を、環境とタイミングを考慮し、実行し大きな成果をあげてきました。3本柱のバランス、勘所をその先陣を走る後継経営者の物語から、その経営哲学をお伝えします。

■その他のテーマ

◎60年赤字にならない秘訣 ~アシックス商事の経営戦略に学ぶ~
◎人間力を高める
◎社員のエンゲージメントを高める具体的手法
◎人への投資の重要性
◎バリュープロポジション経営
◎管理本部から会社を変える

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755