講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

桂ぽんぽ娘かつら ぽんぽこ

落語家

プロフィール

1988年 東京渋谷でコントデビュー
2000年 東京の東 京太・ゆめ子に弟子入り。浅草を中心に活躍。
      昭和女子大学短期大学部食物科学科卒業。栄養士の資格を取得。
2004年 名古屋大須演芸場に漫談で出演
2006年 東 京太・ゆめ子の了解を得て、桂 文福に入門。桂 ぽんぽ娘となる。
2007年 NHK朝の連続ドラマ小説「ちりとてちん」に関連して、若手落語家を取り上げた
      NHKのドキュメンタリー番組に出演。また、福井県のイメージビデオにも起用さ      れる。
2009年 3年間の修行を経て、落語家として精力的に活動を開始。
      上方の女性落語家で結成されている「上方笑女隊」に入隊。
2011年 結婚
2012年 女児を出産

■主な出演
NHKドキュメンタリー 「若手落語家奮闘記 めざせ大入り満員大爆笑」
関西テレビ 「どっキング」
MBS 「麒麟の部屋」「ジャイケルマクソン」「明石家電視台」
日本テレビ 「今夜くらべてみました」

NGKなんばグランド花月で「ナインティナインと99+1の濃~い大阪芸人」

講演テーマ

いじめられっ子からの克服  ~生きるって何だろう~

テレビで毎日のように繰り広げられる、芸人さんたちの「いじり」という行為がありますね。
「いじり」とは、芸人さん特有の表現で、相方やお客さんをからかったりおちょくったりすることで、笑いを取る行為です。子どもたちは、テレビで観たその「いじり」の行為を、現実の中に取り込んで「いじめ」にしてしまうのです。「いじる」と「いじめ」はどこが違うのか?落語家であり、「いじめ」られた経験に基づいて話しをします。

女性だから何ですか?  ~男社会で生きていく~

落語家になる前、漫談家として8年間活動していました。お笑いの世界は、今は変わったと言っても、まだまだ男社会です。「若手のくせに生意気だ」と言われることには納得できますが、「女のくせに生意気だ」という言葉には納得がいきませんでした。また、落語家としての3年間の修行中、師匠の付き人をする私に、お客様から人権を無視した言動をされることもありました。女性であるということをハンディにせず、個性としてのびのび働くためにはどうすれば良いのか?
男性でも女性でも働きやすい環境作りを、一緒に考えましょう!

講演ジャンル

お知らせ

2020.07.14

講師 桑野 麻衣氏のページを更新しました!

2020.07.13

講師 多湖 弘明氏のページを更新しました!

2020.07.10

新講師 若村 亮氏のページを追加しました!

2020.07.09

新講師 芳田マサヒロ氏のページを追加しました!

2020.07.08

新講師 岡田 高幸氏のページを追加しました!

チャンネル ツイッター