講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

豊来家大治朗ほうらいや だいじろう

太神楽曲芸師

プロフィール

1978年 兵庫県高砂市出身の太神楽曲芸師(だいかぐらきょくげいし)。
2000年 関西太神楽界の重鎮・ラッキー幸治へ入門。

傘回しや獅子舞などの伝統的な太神楽曲芸から、
アクロバティックな軽業曲芸まで幅広くこなす。
日本で唯一、大治朗しか出来ない「剣の輪くぐり」は必見。

伝統芸能に現代的な笑いを加えた舞台は老人から子供まで楽しんでいただけます。

■太神楽とは
 伊勢神宮熱田神宮の神事に始まる太神楽(だいかぐら)は厄払いの獅子舞、縁起物の曲芸を
 中心に演じられる400年以上の歴史を持つ伝統芸能です。
 太神楽の曲芸には様々な道具がつかわれますが、それぞれに末広がりや五穀豊穣、
 益々の繁栄など大変おめでたい意味が込められています。

■主な出演
 (テレビ)
  NHK    「上方演芸ホール」
  日本テレビ 「ラブぎゃっぷる」
  テレビ朝日 「ぶっちゃけ寺」
  ABCテレビ 「味のラブレター」

 (公演実績)
  大阪城ホール「フランクリン・グラハム キッズフェスティバル」
  天満天神繁昌亭 他多数出演

■主な演目
 ・剣の輪くぐり 8本の剣を挿した輪をくぐり抜ける芸 
 ・剣の取り分け 剣をつかったお手玉
 ・ひとつ鞠   1個の鞠と2本のばちを使いおこなう芸 
 ・くわえばち  口にくわえたばちで様々な物をあつかう芸
 ・五階茶碗   顎にたてたバチの上に茶碗を積み上げていく芸  
 ・傘まわし   傘の上で毬やマスなどを回す芸 
 ・獅子舞    招福、厄払いの獅子舞。様々な祝いの場や季節行事等で演じられる芸   他

講演テーマ

自分の命は自分で守る

防災曲芸師・豊来家大治朗による防災講演。
身近な話題から防災について考え、今日からできる「備え」を楽しく伝授します。
また、自身が親であり、発達障害の当事者であるという視点から、災害時に子どもやお年寄り、
障がいを持つ人をどうサポートしたら良いか、分かりやすくお伝えします。

教えて!だいじろうさん!

防災曲芸師・豊来家大治朗による子ども向け防災講座。
子どもたちの心を惹きつける曲芸を交えながら、「自ら考え命を守る行動の知恵」を楽しく伝えます。

■キーワード
#安全大会 #防災 #生涯学習 #タレント #環境 #学校 #教育 #生徒向

講演ジャンル

お知らせ

2020.12.04
講師の情報を更新しました!

室山 哲也

2020.11.24
新講師の情報をアップしました!

林 映寿

2020.11.24
講師の情報を更新しました!

宮端 清次

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター