講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

山口香やまぐち かおり

筑波大学大学院 体育系 准教授

プロフィール

1964年生まれ。小学校1年生から柔道を始め、4年生のときから男の子に混じって試合に出場。
1978年 第1回全日本女子体重別選手権大会(50㎏級)に最年少(当時13歳)で優勝。以後、同大会10連覇(第3回以降は52㎏級)。世界選手権では4個の銀メダルを獲得のほか、1984年 第3回大会で、日本女子として初の金メダルを獲得。1988年 ソウルオリンピックでは銅メダル。翌年に現役を引退。
筑波大学女子柔道部監督、全日本柔道連盟女子強化コーチとして指導。
シドニーオリンピック、アテネオリンピックと2大会連続して日本チームのコーチを務めた。
現在は、筑波大学大学院にて教鞭をとる傍ら、スポーツ庁参与、JOC理事などとして柔道のみならずスポーツ全般の普及発展に努めている。

■著書
『残念なメダリスト―チャンピオンに学ぶ人生勝利学・失敗学』(中央公論新社)
『日本柔道の論点』(イースト・プレス)
『女子柔道の歴史と課題』(日本武道館) ほか

講演テーマ

小さな私でもやればできた! 柔道一筋、私の青春と生きがい

小学校一年の時に見たTVドラマ「姿三四郎」にあこがれて柔道の道み入る。13歳で全日本女子柔道選手権に優勝し以来、10連覇。世界女子柔道選手権大会など国際舞台でも数々の戦績を残すなど、柔道一筋に青春をかけ、自らの人生を拓いてきた、その道のりで得た教訓の一つ一つは、若い人達に今後の人生を考える上での貴重な指針を秘める。

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755