講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

若木志帆わかき しほ

女優

プロフィール

1987年OSK日本歌劇学校入学。在学中に朝日放送ドキュメンタリー番組「シンデレラへの階段」で、1年間密着取材を受ける。
1989年OSK日本歌劇劇団入団。代表作は大阪近鉄劇場での「エルアモール・グランデ」(マルガリータ役)、
「魔剣士」(紫水役)、「闇の貴公子」(葛の葉役)、
2003年大阪松竹座での「春のおどり」「秋のおどり」等。
その他、外部出演でKBS京都テレビドラマにレギュラー出演する等。
2009年劇団往来公演「母~おふくろ~」に出演に出演し第33回大阪春の演劇祭りにて、主演女優賞受賞 
2014年、関西芸術座の女優 小林 泉が20年以上に渡り、全国各地で公演してきた人権一人芝居「母さん笑って」を継承し、次世代に向けて偏見や差別の撲滅を訴え、各地で精力的に公演を行う。

現在、小劇場、歌劇、レビューショーなど、幅広いジャンルの舞台にて活躍中。

主な出演
「New OSKレビューin Kyoto」京都南座
「セチュアンの善人」劇団往来公演
「30-DERUX The Eight Liveファミリア」
「GOEMON」大阪松竹座

講演テーマ

人権一人芝居『母さん笑って』

晴恵は未亡人。二人の子どもと平凡で幸せな生活を送る。長女・紀子の突然の結婚話…その日から一家に波乱が起きる。娘の家出。息子の破談。親戚からの冷たい反応…。笑顔を忘れ、心を固く閉ざした地獄の日々が続く。
恩師の言葉に、かつて子どもだった頃の自分の気持ちを取り戻し、次第に心の扉が開かれてゆく。四年間の苦悩を乗り越え、今、新しい人生を人間らしく強く生きようとする…。この命ある限り。

小林泉が20年以上に渡り、全国各地で公演してきた「母さん笑って」の一人芝居。
結婚の際の出身地差別をテーマに、人間の心裏を追求した作品で反響を呼び続けた。
小林 泉の女優引退に伴い、作品自体が消滅してしまう危機に作品が訴える普遍的なメッセージに共感した女優・若木 志帆が、現代的な解釈を加え、小林 泉より継承した。
伝え続けなければならないメッセージと各地での反響をお話します。

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.23
講師の情報を更新しました!

若木 志帆氏、渡辺 真由子氏、白石 真澄

2020.09.18
講師の情報を更新しました!

吉田 正美氏、 笑福亭 松枝

2020.09.15
講師の情報を更新しました!

養老 孟司氏、横石 知二

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター