講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

内藤大助ないとう だいすけ

元プロボクサー / タレント

プロフィール

2002年4月 WBC世界フライ級王者ポンサクレック(タイ)に挑んだが
日本人世界戦最短の1R 34秒KO負け。
2004年6月 中野博(畑中)を下して日本王座を獲得した。
2005年10月 ポンサクレックに再挑戦も7回負傷判定負けしたが、
翌2006年6月には小松則幸(エディタウンゼント)を破って
東洋太平洋&日本の2冠を獲得した。
2007年7月 3度目の挑戦でポンサクレックを倒して世界王座を獲得。
2007年10月 初防衛戦では亀田大毅を倒し“因縁の対決”と呼ばれ世間を騒がせた。

ニックネーム“最短男”としてファンに親しまれ、一躍時の人となる。
元WBC世界フライ級チャンピオン。

2011年11月に現役を引退し、現在はタレントとして活躍中。

講演テーマ

いじめられっ子のチャンピオンベルト

中学時代に体験したいじめについて、「中学2年のクラス替えで、いじめっこと同じクラスになったことが始まり。
ボンビーというあだ名を付けられ、どんどんエスカレートしていった」という。
社会人になってからも、「地元に帰ったらまた同じことをされる」という思いが、頭から離れなかった。
しかし、20歳のときに出会った1冊の本が、運命を変えた。
それは格闘技の雑誌。「強くなっていじめのトラウマを乗り越えたい」と決意し、ボクシングジムに通うようになった。
「ジムに行けば仲間がいて、だんだん自分が強くなっていくのが分かる。
いつの間にか、いじめられていたことを忘れて、ボクシングに夢中になっていた。
その後、努力を重ねて全日本フライ級新人王を獲得。
地元での祝賀会でのエピソードも紹介しつつ、2002年にWBC世界フライ級王者に挑み、
日本人世界戦最短の1R 34秒KO負けし、「日本の恥」とたたかれたこと。
それでも諦めず、3度目の挑戦で王者に輝いたエピソードなども語る。

■キーワード
#生涯学習 #タレント #スポーツ #学校 #教育  #生徒向け

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.28
講師の情報を更新しました!

杉本 彩氏、春川 正明氏、ピーター・フランクル

2020.09.25
講師の情報を更新しました!

白澤 卓二氏、林家 うん平氏、林家 笑丸

2020.09.24
講師の情報を更新しました!

白駒 妃登美氏、田中 敏夫氏、林 典子

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター