講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

宮川花子みやがわ はなこ

漫才師

プロフィール

1955年8月28日生まれ、大阪府出身。
宮川大助氏と夫婦漫才の頂点に立つコンビ。
1979年、大助氏が妻である宮川花子を誘い「宮川大助・花子」を結成する。当初は大助氏がよく喋り、宮川花子が相槌を打つ役割であったが、周囲の勧めもあって現在の形に変更して評判になる。 その後上方漫才の賞をいくつも獲得し、現在の地位を確立。
1988年胃の手術をした宮川花子は、後に胃がんだったと告白。また1990年には大助氏が、のどのポリープを切除、95年には胆石手術もする。色々なことがあったが、病気とともに夫婦の危機も乗り越え、仲の良い夫婦漫才として活躍中。2006年、結婚30周年(真珠婚式)を迎える。
弟子入り前の1973年に大阪府警察城東警察署で半年間、交通巡視員をしていた。
2010年4月9日に古巣の同署で一日警察署長を務めることとなり、「37年ぶりの大出世」と称された

■受賞歴
NHK上方漫才コンテスト 優秀努力賞(1979年)
上方お笑い大賞 銀賞(現・最優秀新人賞)、金賞、大賞
上方漫才大賞 新人賞、奨励賞、大賞
花王名人大賞 新人賞、名人賞
ほか多数

■著書
「親の顔が見てみたい?」(エンターイレブン)
「愛を見つけた-大助花子のおやオヤ日記」(朝日新聞社)
「空飛ぶ魚」(大助・花子)
「絵本昔ばなし」(東方新社)

講演テーマ

花子の生き生きライフ

講演ジャンル

お知らせ

2020.09.25
講師の情報を更新しました!

白澤 卓二氏、林家 うん平氏、林家 笑丸

2020.09.24
講師の情報を更新しました!

白駒 妃登美氏、田中 敏夫氏、林 典子

2020.09.23
講師の情報を更新しました!

若木 志帆氏、渡辺 真由子氏、白石 真澄

     過去のお知らせをみる 

解説動画 オンライン特集

チャンネル ツイッター