講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

石蔵 文信イシクラ フミノブ

大阪樟蔭女子大学 学芸学部 健康栄養学科 教授

プロフィール

昭和 57 年 3 月 三重大学医学部卒業
昭和 57 年 7 月 財団法人船員保険会大阪船員保険病院 内科医務職
昭和 62 年 7 月 国立循環器病センター 循環器科医師 (厚生技官医 療職)
平成 4 年 7 月 大阪厚生年金病院 内科医長
平成 6 年 7 月 大阪警察病院 循環器科 医長
平成 9 年 7 月 米国メイヨークリニックに留学
平成 10 年 5 月 大阪大学医学部保健学科医用物理学講座 助手
平成 12 年 10 月 大阪大学医学部保健学科医用物理学講座 学内講師
平成 16 年 4 月 大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻
           医療技術科学分野 機能診断科学講座 助教授
平成 19 年 4 月 同 准教授
平成 25 年 4 月 現職

精神的疾患について勉強し、患者紹介などで精神科医とスムーズに連携するため、公益社団法人日本精神神経科診療所協会 会長の渡辺洋一郎氏と共に「一般医-精神科医ネットワーク(通称G-Pネット)」を立ち上げ、大阪を中心に自殺者を減らす活動を行なう。
年数十回の大企業・自治体への講演などに取り組む。 

■主な著書
「夫源病」(大阪大学出版会)
「巨人性うつと阪神性不安」(双葉社)
「パンツの中の健康」(双葉社)
「男のうつ」治らなくても働ける!(日本経済新聞出版社)
日本人が安心して死ねない99の理由:世界最高の医療を守るためのヒント(日本印刷株式会社)
「男もつらいよ!男性更年期」               他多数

講演テーマ

~中高年のうつと自殺予防~

男性四十~六十歳以上の人に自殺者が集中し、まさに男性更年期の自殺増加が目立つ。
精神的なショックを受けると、誰でもうつ状態になり、食欲がなくなり不眠になる。しかし、時間が経つと 改善されるが、落ち込みが二週間以上続き、体に症状(口が渇く・汗をかく・肩こり・頭痛・便秘・下痢
など)が出て来るようだと要注意。
うつになりやすいのは、真面目で責任感の強い人。うつと不安は表裏一体の関係で、脳の中のエネルギー(セロトニン)が消耗すると、疲労感を感じ八割の人は休むが、うつになりやすい真面目な人は、逆に頑張っ てしまう。不安を抱え悩むと、脳の働きをよくするセロトニンがドンドン減り、正常な判断ができなくなっ 自分を追い込む。
愚痴を言い、職場の文句は妻に言えば消えていく、しんどい仕事は若い人に任せ、退職後は、妻の邪魔を
しないで「自分のしたいことを見付け、気楽に過ごせばよい」と、うつ防止法を提言。

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755