講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

渡貫淳子わたぬき じゅんこ

調理師 / 第57次南極地域観測隊 調理隊員

プロフィール

1973年青森県八戸市生まれ。調理師。伊藤ハム株式会社商品開発部所属。
「エコール辻東京」を卒業後、同校の日本料理技術職員に。
出産後は、いったん職場を離れ、一児の母として家事・育児に奮闘する日々を送ってきたが、一念発起して南極観測隊の調理隊員にチャレンジ。
3度目の挑戦で見事合格を果たし、母親としては初の調理隊員として第57次南極地域観測隊に参加。
帰還後は、各誌でのレシピ紹介や講演会など活動の場を広げる。
2018年6月放映の「世界一受けたい授業」(日本テレビ)で紹介された「悪魔のおにぎり」が大反響を呼び、南極での料理が話題となった。

*「悪魔のおにぎり」とは……
「世界一受けたい授業」(日本テレビ)出演時に紹介されてSNSで話題となり、某コンビニチェーンで商品化。単日売上記録で20年間首位であった「シーチキンマヨネーズ」を抜いて、販売数1位になるなど大反響を呼んだ。

■おもな出演番組
日本テレビ 「世界一受けたい授業」「スッキリ」

■著 書
『南極ではたらく:かあちゃん、調理隊員になる』(2019年平凡社)

■講演実績
静岡銀行/徳島銀行/ちばぎん総研/食生活ジャーナリストの会/八戸短期大学/東海大学/昭和学院大学/コープみらい/ ロータリークラブ/日本極地研究振興会/中学校 多数

講演テーマ

南極生活で学んだ食事の大切さ ~選択肢の無い極限生活で「食」とはどんな意味があるのか~

日本を出発してから1年4か月、たとえどんなことがあっても帰ることはできない、30人で仕事と生活のすべてを担う、テレビは見られないし、コンビニエンスストアもない、自由に遊びに行くこともできない。そんな中でどのように人間関係を構築するか、円滑な人間関係を築く方法について模索します。
プロジェクターを使用して、パワーポイントデータに沿ったトークを展開。

30人全員が南極での活動を遂行し無事に家族のもとに帰る事を目標に「コミュニケーション」「健康」「メンタル」を食事を通し実践。南極での暮らしやエピソードを交えながらお伝え致します。
また危険予知など安全に関してもお伝えします。

極限の地での大奮闘 ~環境と食について~

南極ではゴミ担当、汚水担当などが決まっていて、トラブルがあると担当者が困ります。誰が困るのかわかっていると、その人が困らないように注意を払います。でも、今の日本の暮らしは、誰かがゴミを処理してくれて、水、電気も誰かが供給してくれている。顔が見えないことで、ムダを出すことやゴミを出すことに無頓着になっている面があるのかもしれません。
南極は空気がきれいで、息を吐いても白く曇りません。水蒸気が水滴になるときに核となるゴミやチリがないからです。南極での観測は、地球の汚染具合を調べることでもあり、警鐘を鳴らすことが役目だともいわれています。
多くの人々が環境や資源、食の問題について考えるきっかけになることを願いお話します。

極限の地での心の支えは「食」

家事・育児に奮闘する主婦が、一念発起して南極観測隊の調理隊員として奮闘した日々についてお話します。
閉ざされた空間、同じ顔のメンバーと過ごす毎日の生活で感じたことは、「食べること」が精神的な安定をもたらす
とういこと。南極での食事は、栄養面の補給はもちろん、メンタル維持のため、という面が大変大きく、限られた食材や 環境でそれを整えるにはあらゆる工夫が必要でした。
極限の地では、食事は「心」を支えるものになります。めいっぱい「食」を楽しめるようにするその智恵は、きっと家族を 支える大きな柱となります。

■その他テーマ
◎ 南極での楽しみ方 ~気持ち次第でどんな場所でも楽しくできる!~
◎ NOの理屈より、YESの可能性を
◎ 個人で始めるフードロスへの取り組み
◎ 実はすごいぞ!主婦の力

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755