講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

手嶋 龍一てしま りゅういち

外交ジャーナリスト / 作家

プロフィール

NHKの政治部記者として首相官邸、外務省、自民党を担当。ワシントン特派員となり、冷戦の終焉に立ち会う。湾岸戦争では最前線へ。ハーバード大学CFIA・国際問題研究所に招聘される。その後、ドイツのボン支局長を経て、ワシントン支局長を8年間にわたって務める。この間、ブッシュ大統領をはじめ、重要閣僚の単独インタビューを数多くこなした。2001年9.11の同時多発テロ事件に際しては、11日間の昼夜連続の中継放送を担い、冷静で的確な報道で視聴者の支持を得た。2005年NHKから独立し、日本で初めてのインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』を発表。姉妹篇『スギハラ・ダラー』とあわせて50万部の大ヒットに。ノンフィクション作品には『ブラックスワン降臨』(後に新潮文庫として『宰相のインテリジェンス』)、『インテリジェンスの賢者たち』『たそがれゆく日米同盟-ニッポンFSXを撃て』『外交敗戦-130億ドルは砂に消えた』(いずれも新潮文庫)などがある。佐藤優氏とのインテリジェンス対論三部作『動乱のインテリジェンス』『知の武装~救国のインテリジェンス~』『賢者の戦略~生き残るためのインテリジェンス~』(新潮新書)はベストセラーに。最新刊『インテリジェンスの最強テキスト』(東京堂出版)は日本の現状を踏まえたインテリジェンス論の決定版と評されている。現在は、大学や研究機関で外交・安全保障を中心に後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

■主な出演番組
読売テレビ「かんさい情報ネットTen!」
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」
日本テレビ「シューイチ」

講演テーマ

動乱の世紀をどう生き抜くか~波乱の新米大統領と日米同盟~

講演ジャンル

お知らせ