講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

鈴木 明子すずき あきこ

プロフィギュアスケーター / 元オリンピック日本代表

プロフィール

愛知県豊橋市出身。
6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位となり注目を集める。10代後半は体調を崩し、大会に出られない時期もあったが、2004年に見事復帰。2006-2007ユニバーシアード冬季大会で優勝。2009-2010グランプリシリーズ(中国)で初優勝。世界のトップ選手の仲間入りを果たす。同年グランプリファイナルでは3位、全日本選手権では2位となり、念願のバンクーバーオリンピック代表の座を勝ち取った。バンクーバーオリンピックは8位入賞。多くの感動を生んだ。
2012年、世界選手権で銅メダルを獲得。27歳での世界選手権メダル獲得は、日本最年長となった。同年の世界国別対抗戦では、日本チームを引っ張り優勝。ソチオリンピック代表選考を兼ねた2013-2014全日本選手権では、会心の演技で13回目にして初優勝。2度目のオリンピックへの切符をつかんだ。ソチオリンピックにおいて初めて正式種目となった団体は、日本のキャプテンとして出場(5位)。個人戦では、オリンピック2大会連続の8位入賞を果たした。
現在はプロフィギュアスケーターとしてアイスショー出演を軸に、テレビ出演や全国各地での講演活動を精力的に行っている。また2015年、本郷理華選手のSP「キダム」を振り付ける等、念願の振付師としてのキャリアをスタートさせた。

■主な出演番組・書籍

「プロのフィギュア観戦術」(PHP新書)
「等身大で生きる-スケートで学んだチャンスのつかみ方」(NHK出版)
「壁はきっと超えられる~夢をかなえる晩成力」(プレジデント社)
「ひとつひとつ。少しずつ。」(KADOKAWA)

 

TBS     炎の体育会TV
TBS1      ゴゴスマ GOGO!Smile!
フジテレビ  SMAP×SMAP
テレビ朝日  徹子の部屋
日本テレビ  ダウンタウンDX

講演テーマ

新しい自分を生きる ~ひとつひとつ、少しずつ、夢への道~

選手として、その感情豊かな演技で観客を魅了し続けてきた鈴木明子選手の苦難と栄光のスケート人生を紹介します。
選手として順調にステップアップしてきた大学入学後、摂食障害を患い、これを機に一転、辛く苦しい日々を過ごします。そしてこの苦しい日々が後に選手として大きく成長させ、精神的にも強くなるきっかけとなります。強い自分も弱い自分も素直に受け入れる事で、ひとつひとつ、少しずつクリアしていく事の大切さをお伝えします。

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755