講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

石平せき へい

評論家

プロフィール

1962年、中国四川省に生まれる。
北京大学哲学部を卒業。1988年に来日。
1995年に神戸大学文化学研究科博士課程修了後、民間研究所勤務。
2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を著して中国における反日感情の高まりについて先見的な警告を発して以来、フリーの立場で評論活動に入る。

著書に『論語道場』(致知出版)、『謀略家たちの中国』(PHP研究所)、『中国人の正体』(宝島社)、『中国版サブプライムローンの恐怖』(幻冬社)、『なぜ日本は中国から離れるとうまくいくのか』(PHP新書、第23回山本七平賞受賞)などがある。

2007年に日本国籍に帰化。
現在は中国問題・日中問題を中心に執筆・講演・テレビ出演などの言論活動を展開。
2009年3月から産經新聞本紙にて「石平のChina Watch」隔週コラム連載中。

■主な著書

【単著】
『なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか 「脱中華」の日本思想史』PHP研究所
『なぜ中国は民主化したくてもできないのか 「皇帝政治」の本質を知れば現代中国の核心がわかる』KADOKAWA
『結論! 朝鮮半島に関わってはいけない 東アジアと世界のトラブルメーカー』飛鳥新社
『中国五千年の虚言史 なぜ中国人は嘘をつかずにいられないのか』徳間書店
『アメリカの本気を見誤り、中国を「地獄」へ導く習近平の狂気』ビジネス社
『中国人の善と悪はなぜ逆さまか 宗族と一族イズム』産経新聞出版
『なぜ論語は「善」なのに、儒教は「悪」なのか 日本と中韓「道徳格差」の核心』PHP研究所
『なぜ中国は日本に憧れ続けているのか』SBクリエイティブ

ほか

【共著】
黄文雄 共著『習近平の帝政復活で中国が日本に仕掛ける最終戦争』徳間書店
豊田有恒 共著『なぜ中国・韓国は近代化できないのか: 自信のありすぎる中国、あるふりをする韓国』勉誠出版
矢板明夫 共著『私たちは中国が世界で一番幸せな国だと思っていた』ビジネス社
宮崎正弘 共著『アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ!』ワック
藤井厳喜 共著『米中「冷戦」から「熱戦」へ』ワック
ケント・ギルバート 共著『「米中冷戦」で日本は漁夫の利を得る』宝島社
渡邉哲也 共著『習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時―日本は14億市場をいますぐ「損切り」せよ!』ビジネス社
安田峰俊 共著『「天安門」三十年 ―中国はどうなる?』育鵬社

ほか

講演テーマ

中国の経済・政治情勢と日中関係

その都度の最新情報に基づいて、日本人の知らない中国の経済・政治情勢の内実に独自の視点からの分析のメスを入れ、その近未来の行方を予測する。

中国・韓国の隣人と日本人はどこが違うのか~違いを認め合う共生社会を目指して~

誰よりも中国を知る評論家・石平が、人種による思考の違いについてお話します。これからのより良い国際社会のあり方について考えます。

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755