講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

佐々木 茂良ささき しげよし

登山愛好家 / 『まいにち富士山』著者

プロフィール

1940年岩手県生まれ。1963年弘前大学教育学部卒業、立正大学大学院修士課程修了。青森県八戸市、神奈川県相模原市・秦野市で中学校教諭を務める。その後、養護学校校長として11年間で4校を歴任し、2001年定年退職。2004年に富士山に初登頂。
2012年 72歳で富士山登頂1,000回を達成。9年間で富士山登頂1,000回の達成は、日本での「最短期間記録」

■主な著書
『まいにち富士山』(新潮社)

■出演番組
日本テレビ「EVERY」、TBS「王様のブランチ」、NHK「あなたが主役50ボイス」
関西ラジオ「谷五郎のこころにきくラジオ」、FMヨコハマ「挑戦のエピソードを聞く」、 NHKラジオ「ふるさと元気力」

講演テーマ

私はなぜ毎日富士山に登るのか?~安全登山はは準備と変化への心構えから~

富士山を目指すのに遅すぎることはない。必要なのはある程度の体力と事前の準備。64歳の初登頂以来、天気が許す限り毎日登って800回を超える名人が「安全に行って帰るまで」を指南する。どれほど辛いのか? 景色以外の楽しみは? どんな忘れ物が痛い? 高山病のマル秘対策は? 迷ったときの対処法は? 登山客が見せた落涙のドラマや九死に一生の恐怖体験。現在は、雨の日以外は毎日登っている富士山で、人の充実感・達成感・生きがいについて思考を巡らせている。「張りあいのある生き方ができるということは、周りの人たちの支えがあってこそ。」そういった感謝の念を実感しながら、日々を過ごしている。

講演ジャンル

お知らせ