講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

大谷 貴子おおたに たかこ

特定非営利活動法人 全国骨髄バンク推進連絡協議会 会長

プロフィール

1961年 大阪に生まれる。
1986年 千葉大学大学院に在学中慢性骨髄性白血病と診断される。
1987年 千葉大学大学院卒業。その後も入退院を繰り返す。
1988年 名古屋大学医学部付属病院で母親からの骨髄移植を受け退院。
1989年 「東海骨髄バンク」設立。
1990年 全国骨髄バンク推進連絡協議会発足と同時に運営委員に就任。
1991年 ライオンズクラブ国際協力334A-地区ガバナースペシャルアワード及び、(社)日本青年会議所TOYP(トイップ)大賞グランプリ、
    東海テレビ文化賞受賞。
同 年 (財)骨髄移植推進財団(日本骨髄バンク)設立と同時に同財団評議員、並びに普及広報委員に就任(1996年3月まで)。
1992年 初級カウンセラー試験合格(医師と患者の架け橋になりたくて)。
1994年 精神対話士資格取得。
1995年 朝日社会福祉賞受賞。全国骨髄バンク推進連絡協議会副会長に就任。
1996年 日本ホスピタリティ協会主催「The Best hospitality of the year」を受賞。
1997年 結婚。中日社会功労賞受賞。

■主な著書
『霧の中の生命』(リヨン社)
『生きてるってシアワセ!』(スターツ出版)

■出演番組
NHK『プロジェクトX』にゲスト出演
「決断 命の一滴」  ~白血病・日本初の骨髄バンク~

講演テーマ

白血病になって初めて気づいたこと~全ての人が平等である社会を~

自分自身は、病気や障害への偏見を持たない人間だと思っていました。
でもそれは、単に無関心であっただけなのかも知れません。自分自身が白血病という病魔に侵されて初めて気付きました。病気や障害をもつ人たちへの社会の様々な偏見。弱者に向けられる明らかな差別意識。自身が病気という負荷を負って初めて気付いたことでした。

講演ジャンル

お知らせ