講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

中倉 彰子なかくら あきこ

株式会社いつつ代表取締役 / 女流棋士

プロフィール

女流二段
法政大学人間環境学部卒

女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロレビュー。
プロとして公式戦を戦うだけでなく、穏やかな話しぶりや落ち着いた雰囲気が人気を集め、NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。妹の宏美も女流棋士で、姉妹をモデルとした映画、「とらばいゆ」(2001年、監督:大谷健太郎 主演:瀬戸朝香・市川実日子)の監修も務めた。
私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。
2007年日本女子プロ将棋協会設立に参画。
子どもへの将棋普及の思いから、子ども向け木製おもちゃブランドWoodyPuddy と共同で、入門用盤駒「はじめてのしょうぎセット」を開発。
講談社から入門書籍「親子ではじめる将棋ドリル」執筆。またその内容を「はじめてのしょうぎ」DVDとしても制作。台本作りから携わる。
子育てエッセーを地方紙8新聞に連載していた(現在は東京新聞と神戸新聞の2紙)。
近年は、将棋と知育、育児を結びつけるような活動を幅広く展開し、2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任。
「はじめての将棋手引帖」をはじめとした子ども向け将棋グッズの開発のほか、第74期名人戦第3局で使用された将棋盤駒を使った親子向け将棋イベントの開催など幅広く活動する。

主な出演・出版
しょうぎのくにのだいぼうけん(講談社)
はじめての将棋手引き帖第1巻(株式会社いつつ)
親子ではじめるしょうぎドリル(講談社)

講演テーマ

子育て支援の観点文化支援としての価値

将棋を通じて将来に役立つ考える力を楽しく育む

女流棋士の世界

講演ジャンル

お知らせ