講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

松村智広まつむら さとひろ

みえ人権教育・啓発研究会 代表

プロフィール

1957年 三重県伊賀市に生まれる。
大学卒業後、三重県伊賀市内の中学校教員となる。
その後、三重県人権センター 調査研究員、(公財)反差別・人権研究所みえ 主任研究員、三重県教育委員会人権教育課長、伊賀市立大山田中学校長を勤め、2018年3月で定年退職。
現在、ライトピアおおやまだ(隣保館)館長として勤務する傍ら、みえ人権教育・啓発研究会 代表、三重県人権大学 講師、いじめ問題相談員をしている。

この間、大阪教育大学大学院へ同和教育で内地留学(森 実先生に師事)し、三重県同和問題啓発講師団講師、三重県生涯学習講師団講師、四国学院大学非常勤講師、部落解放・人権大学講師、三重県人権大学講師、三重県人権教育教材作成委員 などを歴任した。

■主な著書
「『同和』教育する人、この本とーまれ!」、「明日(あした)かがやく」共著、「あした元気になあれ」「続・あした元気になあれ」「だまってられへん」「へこたれへん」がある。
そのほか、雑誌「部落解放」や「ヒューマンライツさ」(解放出版社)、「解放教育」(明治図書)等に論文を多数投稿してきた。

■主な出演
三重県制作・同和問題啓発映画「谷間に吹く風」「同和問題の解決のために」
日本テレビ系列「ドキュメント99『架からぬ橋』~部落差別は今~」
メディア総合研究所制作・ビデオ
「あした元気になあれ~元気配達人・松村智広~」
「主語で語る人権教育~大山田中学校の取り組みを追う~」

講演テーマ

へこたれへん ~人はきっとつながれる~

部落に生まれ部落に育ち、出身地の教壇に立つ。笑いやユーモアも交えながら非常に分かりやすく、熱く語ります。部落に生まれた自分が親を憎み、ふるさとを恨んで、自分自身をも否定して生きてきたその苦しみ、怒り、嘆きはその具体的なエピソードとともに知らず知らずのうちに多くの人の心を引きつける。
「足を踏んだ者は痛さは分からないが、足を踏まれた者は痛いんです。」企業が採用時に身元調査をしたり、つきあっている相手が被差別部落出身だからと大反対にあったり、婚約を破棄されたり、差別投書・落書き・電話があったり、……。自分が被差別部落に誕生したその事実とともに、謂われのない差別を受けるのですから、こんな理不尽なことはありません
差別の現実(実態)を聞けば、まさに許せないことばかりです。とりわけ結婚差別は、これまで多くの悲劇を生み出しています。今でも厳しい結婚差別の現実はある。結婚を反対され断念するときに、2つの理由があげられることが多い。「私は良くても世間が反対するから」、「私はいいけど、生まれてくる子どもがかわいそうだから」の二つ。部落解放は人間解放。目に見えない鎖から自らを解き放す、当たり前を当たり前に戻す作業。部落差別って、闘わないと見えてこない。闘わないとなくせない。

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755