講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

小菅 正夫こすげ まさお

北海道大学客員教授 / 旭川市旭山動物園 前園長

プロフィール

1948年 札幌市生まれ
1973年 北海道大学獣医学部獣医学科卒業
   旭川市旭山動物園 獣医師
1986年 旭川市旭山動物園 飼育係長
1991年 旭川市旭山動物園 副園長
1995年 旭川市旭山動物園 園長
2009年 旭川市旭山動物園 名誉園長
2010年 退職
   北海道大学客員教授

■著書
・旭山動物園革命(角川書店)
・戦う動物園(中公新書)
・生きる意味って何だろう(角川書店)
・オオカミの森 旭山動物園物語(角川書店)
・親が子どもに伝えたい『環境』の授業(角川書店)
・15歳の寺子屋 ペンギンの教え(講談社)
・動物園は雪のなか(農文協)
・あさひやま動物記①②(角川つばさ文庫)
・いのちのいれもの (サンマーク出版)

講演テーマ

日本最北の動物園を日本一に再生 ~旭山動物園 前園長の命のメッセージ

園長に就任した当初、入場者数がどん底にあり、閉園の危機に立っていた旭山動物園。その際「できることからやっていこう」という決意のもとに、動物園とは何か、飼育係のプロとは何かという原点を見つめ直す議論を繰り返し行ったという。 その中で行き着いた「生命の素晴らしさを伝えること」、「動物の魅力を伝えること」の重要性。 現在、旭山動物園の代名詞となっているいくつもの独特なアイデアは、この原点確認を経て生まれた創意工夫の賜だと小菅氏は言う。
廃園寸前だった動物園を再生させ、月間入園者数日本一の動物園になるまでのエピソードを、 様々な動物の写真やビデオを交えた興味深いお話とともにお伝えする。

講演ジャンル

お知らせ