講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

小西 克哉こにし かつや

国際ジャーナリスト/国際教養大学大学院客員教授 / コメンテーター

プロフィール

出身地  大阪市
最終学歴 東京外国語大学大学院地域研究科修士課程終了
(Master of International Affairs 国際学修士)

大学は英語で講義。又かつては英語の会議通訳・同時通訳を務める。
国際ジャーナリストとして特にアメリカ合衆国に関する知識に長けている。

1984年テレビ朝日のCNNデイウォッチの司会者として注目され、
後に「サンデープロジェクト」初代司会者。
1977年 サイマルインターナショナルにて国連国際刑法セミナー国連都市会議、官庁、企業等の会議通訳を担当。

NHK「NC9」「NHKスペシャル」ANB「ニュースステーション」「CNNデイウォッチ」等
放送メディアにて通訳、翻訳を担当。
特に「サンデープロジェクト」湾岸危機、湾岸戦争時にはCNN同通チームを主導。

東京外国語大学講師、亜細亜大学国際関係学部客員教授を経て、国際教養大学大学院客員教授

■主な出演・出版
(ラジオ)
・TBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」火曜日担当レギュラーコメンテーター
(テレビ)
・朝日放送「キャスト」コメンテーター・『おはようコール ABC』ニュースコメンテーター
(著書)
・「アカデミー賞の英語名画に学ぶ、泣かせ方、口説き方、笑わせ方」光文社
・「小西克哉の初級バイリンブック・英会話高速実践集」「新世界秩序」桐原書店
・「コラムの花道」アスペクト社
・「小西克哉のインタビューズ・オン・ジャパン」日本放送出版協会
・「アメリカ大統領選挙を楽しむ百の方法」「北京オリンピックを楽しむ百の方法」文藝春秋 など

講演テーマ

どこへ行くニッポン~液状化する国際情勢~

尖閣・竹島問題で険悪化の一途を辿る日本の対アジア関係。何故、こうもこじれるのか?
民主党政権の外交無力の責任は大きいが、原因はそれだけではない。
四半世紀近い長期デフレを克服できない日本は、今や国際的に経済失策の代名詞となっている。
中国・韓国の対日政策が、益々弱体化する日本の国力につけ込む形で形成されていることを
見逃してはならない。加えて、国内の大手メディアの責任の甚大だ。
些細な永田町的政治スキャンダルに膨大な時間やエネルギーを注ぎ込む一方で、
国益を左右しかねない国際情勢については、近視眼的、横並び報道が横溢している。
また、オスプレイ配備でギクシャクする日米関係に解決策はあるのか?
日米安保条約は、対中国戦略の助けになるのか?
アメリカの新大統領は、日本に、世界に何を求めるのか?
中国の新指導者は、今後も日本に外交的、経済的締め付けを強化してくるのか?
そもそも、アメリカや中国の行動原理そのものが、日本ではなかなか理解されていない嫌いがある。
この視点に立って、講演では米国・中国の正体を徹底的に解明するとともに、
メディアでは触れることができない情報も合わせてご紹介する。

■その他演題
◎ トランプ政権で日本経済どうなる
◎ これでいいのかニッポン~米・中新冷戦を前に~

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755