講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

菊地 幸夫きくち ゆきお

弁護士

プロフィール

中央大学法学部卒業。元司法研修所刑事弁護教官。現在、社会福祉法人練馬区社会福祉事業団理事も務める。また、日本テレビ「行列のできる法律相談所」及び「スッキリ!!」をはじめ、数本の番組にレギュラーとして出演。
弁護士業務の傍ら体力作りにも勤しみ、各地のトライアスロン大会へも出場。地元小学生のバレーボールチームの監督等も務めている。

・経歴
中央大学法学部法律学科卒業後、弁護士登録。
 
・官公署関係〔経歴〕
2003年1月12日 最高裁判所司法研修所 刑事弁護教官(至2006年1月13日)
2008年4月 1日 社会福祉法人練馬区社会福祉事業団 理事(~現在)

■主な著書
・ 「こんなときどうする」-夫婦と親子の法律相談-(共著、三協法規出版)
・ 「こんなときどうする」-夫婦と親子の法律相談2-(共著、三協法規出版)
・ 「こんなときどうする」-土地と建物の法律相談-(共著、三協法規出版)
・ 「医療過誤と訴訟」-その実態と対策Q&A-(共著、三協法規出版)
・ 「学校事故と訴訟Q&A」(共著、三協法規出版)
・ 「守られる権利 守るべき法律」(共著、三協法規出版)

■主な出演番組
・日本テレビ「行列のできる法律相談所」(レギュラー)/「スッキリ!!」(レギュラー)
・TBSテレビ「アッコにおまかせ」(準レギュラー)/「ゴゴスマ」(レギュラー)
・テレビ朝日「週刊ニュースリーダー」(レギュラー)
・関西テレビ「みんなのニュース報道ランナー」(レギュラー)

講演テーマ

出会いの人生から学んだこと~子どもにより添える心を育てる~

地元小学生バレーボールチームの監督を務める中で、「『何度言ったらわかるんだ』と叱ってしまうと、責任を相手に押し付けてしまうことになる。そうではなく、『自分の教え方が悪い、あの子には難しいんだ』と思うように考え方を変えた」というエピソードや、家庭での子育ての中で、「『勉強しなさい』などと指示しないと子どもは育たないと思い込んでいたが、子どもを信用し少し距離をおいて見守ることで、お互いがいい関係になった」という経験を語り、「完璧を求めるとお互いぶつかってしまう。『ほどほどでいい』と肩の力を抜くと、お互い楽になる」と話す。また、ヤマアラシの夫婦が、傷つき合いながらつかず離れずのよい距離を見つける、という例えを述べ、「子育ては一筋縄ではいかない。干渉しすぎず見守り、距離間を保って接することが大切」と強調。

講演ジャンル

お知らせ

2018.09.04

2018年9月4日 台風21号接近に伴い営業時間を11:00までとさせて頂きます。

お急ぎの場合は、info@worldkikaku.jp までお願い致します。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

2018.08.02

夏季休業日のお知らせ

2018年 8月11日(土曜日)から8月15日(水曜日)

 

* 8月16日(木曜日)から通常通り営業を再開いたします。

甚だ勝手ではございますが,休日前後は何かと混雑が予想されますので、

何卒よろしくお願い申し上げます。

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755