講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

片田 敏孝かただ としたか

群馬大学広域首都圏防災研究センター長 / 群馬大学 理工学研究院 教授

プロフィール

平成2年:豊橋技術科学大学大学院博士課程修了
平成2年:東海総合研究所 研究員
平成3年:岐阜大学工学部土木工学科 助手
平成5年:名古屋商科大学商学部 専任講師
平成7年:群馬大学工学部建設工学科 講師
平成9年:群馬大学工学部建設工学科 助教授
平成17年:群馬大学工学部建設工学科 教授 
※平成25年:群馬大学理工学研究院 環境創生部門に所属名変更
平成22年:広域首都圏防災研究センター センター長
平成22年:東京大学大学院、豊橋技術科学大学、静岡大学 客員教授
この間、
平成12年4月~平成13年9月 京都大学防災研究所 客員助教授
平成13年4月~平成14年3月 米国ワシントン大学 客員研究員

■委員会・審議会等
・内閣府中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会」委員
・文部科学省:科学技術・学術審議会専門委員
・総務省消防庁「消防審議会」委員
・気象庁:「防災気象情報の改善に関する検討会」委員                   ほか多数

■受賞歴
平成12年度 日本自然災害学会学術賞、横山科学技術賞
平成14年度 国際自然災害学会賞、土木学会論文賞
平成19年度 文部科学大臣表彰科学技術賞 
平成23年度 日本教育再興連盟賞、日本災害情報学会 廣井賞
平成24年度 防災功労者内閣総理大臣表彰、海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)、
ヘルシー・ソサエティ賞
平成25年度 第23回 宮沢賢治学会 イーハトーブ賞

専門は災害社会工学。
災害への危機管理対応、災害情報伝達、防災教育、避難誘導策のあり方等について研究するとともに、地域での防災活動を全国各地で展開している。特に、釜石市においては、平成16年から児童・生徒を中心とした津波防災教育に取り組んでおり、地域の災害文化としての災いをやり過ごす知恵や災害に立ち向かう主体的姿勢の定着を図ってきた。平成24年には、防災の功労者として2つの内閣総理大臣表彰を受賞している。
また、内閣府中央防災会議や中央教育審議会をはじめ、国・外郭団体・地方自治体の多数の委員会、審議会に携わり、研究成果を紹介しながら防災行政の推進にあたっている。主な学会活動として、日本災害情報学会理事、日本自然災害学会理事がある。

主な著書
「みんなを守るいのちの授業 ~大つなみと釜石の子どもたち~」 NHK出版
「子どもたちに『生き抜く力』を ~釜石の事例に学ぶ津波防災教育~」 フレーベル館
「3.11釜石からの教訓 命を守る教育」 PHP研究所
「人が死なない防災」 集英社新書

講演テーマ

想定外を生き抜く力 ~大津波から生き抜いた釜石市の児童・生徒の主体的行動に学ぶ~

釜石市には中学生999人 小学生1,927人の約3,000人の小中学生がいました。 津波が来たときに登校していた子どもたちは、全員の無事が確認されました。ただし、登校していなかった子どもたちのうち5人が津波の犠牲となりました。
メディアから「釜石の奇跡」と取り上げられたが決して奇跡ではなく、8年間、津波から生き延びられるための防災教育を積み上げた。
見事、難事に自らの命を守り抜いた小中学生に見習うべく『避難3原則』を学ぶ。

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755