講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

金村 義明かねむら よしあき

野球解説者 / 元プロ野球選手

プロフィール

1963年8月27日、兵庫県宝塚市生まれ。

1981年、報徳学園高等学校在学中に春夏で甲子園連続出場。
エースで4番、春は初戦で槙原寛巳(巨人)がエースの大府に敗れたが、夏は荒木大輔(元ヤクルト→横浜)の早実、工藤公康(西武→ダイエー→巨人)の名古屋電気など並みいる強豪を下し優勝。
2大会を通 じて5割7分7厘、3本塁打と打ちまくる。

同年、ドラフト1位 で近鉄に入団、三塁手に転向。
『いてまえ打線』の中核をなす。
1995年、FAで中日へ。
1997年、トレードで西武へ移籍。勝負強い右バッターとして活躍
1999年引退。

通算成績は、1262試合、打率2割5分8厘、127本塁打、487打点。

現在は「現場主義」をモットーに、野球評論を中心に幅広い分野で活躍中。
2つ年上の衣里夫人との間に3人の息子がいる。

■主な出演・出版

上泉雄一のええなあ 毎日放送ラジオ 15:30~18:00 毎週月曜日
プロ野球ニュース CS 23:00~23:50 火曜MC+不定期解説
不定期解説 J-SPORTS
不定期解説 関西テレビ

『在日魂』(講談社、2000年、ISBN 4062103494/講談社文庫、2004年12月)
『元祖いてまえ男金村義明のプロ野球警戒警報!』(日本文芸社、2002年)
『プロ野球勝てる監督、負けるボス』(実業之日本社、2004年)
『仰木彬 パリーグ魂:命をかけてプロ野球を救った男』(世界文化社、2006年)
『80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話』(東京ニュース通信社、2016年)

講演テーマ

人生七転び八起き

●著書解説より
「エースで4番。甲子園優勝投手としてプロ野球入りし、18年間活躍した金村義明。その負けん気の源は在日三世の生い立ちにあった。優等生だがやんちゃもした学校時代、挫折と栄光の現役時代、そして家ではゲンコツ教育を実践する正しき親父となる。出身球団、近鉄消滅に、球界再編を熱く斬る。」

●TVでもおなじみ。面白くかつ、熱い語り口が人気の講師です。

その他のテーマ
◎「在日魂」 ~元祖いてまえ男のガムシャラ野球人生~

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755