講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

石蔵 文信イシクラ フミノブ

大阪樟蔭女子大学 学芸学部 健康栄養学科 教授

プロフィール

昭和 57 年 3 月 三重大学医学部卒業
昭和 57 年 7 月 財団法人船員保険会大阪船員保険病院 内科医務職
昭和 62 年 7 月 国立循環器病センター 循環器科医師 (厚生技官医 療職)
平成 4 年 7 月 大阪厚生年金病院 内科医長
平成 6 年 7 月 大阪警察病院 循環器科 医長
平成 9 年 7 月 米国メイヨークリニックに留学
平成 10 年 5 月 大阪大学医学部保健学科医用物理学講座 助手
平成 12 年 10 月 大阪大学医学部保健学科医用物理学講座 学内講師
平成 16 年 4 月 大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻
           医療技術科学分野 機能診断科学講座 助教授
平成 19 年 4 月 同 准教授
平成 25 年 4 月 現職

精神的疾患について勉強し、患者紹介などで精神科医とスムーズに連携するため、公益社団法人日本精神神経科診療所協会 会長の渡辺洋一郎氏と共に「一般医-精神科医ネットワーク(通称G-Pネット)」を立ち上げ、大阪を中心に自殺者を減らす活動を行なう。
年数十回の大企業・自治体への講演などに取り組む。 

■主な著書
「夫源病」(大阪大学出版会)
「巨人性うつと阪神性不安」(双葉社)
「パンツの中の健康」(双葉社)
「男のうつ」治らなくても働ける!(日本経済新聞出版社)
日本人が安心して死ねない99の理由:世界最高の医療を守るためのヒント(日本印刷株式会社)
「男もつらいよ!男性更年期」               他多数

講演テーマ

巨人性うつと阪神性不安~野球も人生も後半戦が面白い~

現在、中高年の男性だけでなく、やがて自分にも関わる20代、30代の人、もちろん女性のみなさんも必聴です。 不安障害は中高年の男性にはよくあるパターンです。大きな舞台が近づくと不安になるのは誰でもあることですが、もっと激しくなると逃げだしたくなる。しかし、そうもいかないと酒に頼る。この時点で医師に相談すればかなり改善できるのですが。ほっておくと、そこからうつになる危険があります。眠れないから薬をもらう、腰が痛いから治療をするなど、対処はするのですが、根っこにあるストレスをコントロールできない。相談する人もいないのが問題で、地位が上になればなるほど、この傾向は強まっています。

講演ジャンル

お知らせ