講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

井村久美子いむら くみこ

女子走り幅跳び日本記録保持者 / 北京五輪代表

プロフィール

生年月日:1981年1月10日
出 身 地:山形県
所  属:IMURA Athlete-Academy

小学校2年時から陸上を始め、小学校5年時に4m46、6年時に5m18を記録し、天才少女として話題を集めた。 中学校1年時に12歳年齢別世界記録となる5m97を記録し、全国中学校体育大会三連覇という偉業を成し遂げた。3年時には走幅跳、100mハードル、100mジュニアハードルの3種目で日本中学記録を樹立した。 高校時は記録が伸び悩んだが、大学2年時に出場した世界ジュニア選手権では、6m43の日本ジュニア記録をマークし銅メダルを獲得。100メートルハードルで5年ぶりに自己記録を更新するなど、見事な復活を遂げた。
01年の世界陸上選手権エドモントン大会では11位となり、その後も07年世界陸上大阪大会まで4年連続出場を果たしている。
06年静岡国際陸上ではシーズン初戦にも関わらず6m75の大ジャンプ。同月の大阪グランプリでは6m86の日本記録で優勝した。
さらに、アジア大会で6m81の跳躍をみせ、同種目36年ぶりとなる金メダルを獲得し、“7mジャンプ”への期待が高まった。
08年には、自身初となるオリンピック(北京大会)に出場したが予選敗退を喫した。同年11月に結婚し、株式会社スズキを退社。
28歳の誕生日となる09年1月10日に再始動。ロンドンオリンピックへの出場は逃すが、陸上への熱い思いが冷めず競技者として活動していくことを決意。
2013年からはIMURA Athlete Academy(イムラアスリートアミー)を立ち上げ、次世代の育成にも力を注いでいる。

■主な成績
2001年 世界ジュニア選手権     銅メダル
2001年 世界選手権エドモントン大会   11位
2003年 ユニバーシアード      銅メダル
2005年 世界選手権パリ大会     出場
2006年 世界選手権ヘルシンキ大会  出場
2007年 アジア大会 世界陸上大阪大会  金メダル 出場
2008年 北京オリンピック       出場

講演テーマ

逆境を力に ~スランプを乗り越える~

経験したからこそ伝えたいことがある!!
小学生から「天才少女」と呼ばれ、華やかな競技人生を送ってきた。と思われている方も少なくないでしょう。
しかし、その裏には過食で15kg以上太り、世間の目を気にしながら過ごした時代。勝てなくなると 、
「あの子はもう終わった」と、手のひらを返したように周りから去っていく人々。
逆境に負けず、常に数cm差で争うライバルに勝つために必死でトレーニングに励んだ時代など様々な歴史が
あります。
幼稚園の運動会はいつも最下位で、走ることが嫌いだった少女が、なぜ父親と二人三脚での取り組みによって
オリンピックに出場するまでの選手になったのか。
教師でもあった父親の「子を褒めて伸ばす」という教育姿勢や我が子に対する接し方はPTA等、親御さん対象の
講演会で特にご好評をいただいております。

■その他演題
子どもを褒めて育てる ~父親と歩んだオリンピックへの道程~

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755