講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

家田 荘子イエダ ショウコ

作家・高野山真言宗僧侶(高野山本山布教師・大僧都)

プロフィール

日本大学芸術学部放送学科卒業
 高野山大学大学院修士課程修了
 女優、OLなど十以上の職歴を経て作家に。
 1991年、『私を抱いてそしてキスして―エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録』で 大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
 2007年、高野山大学にて伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受け、僧侶に。
 住職の資格を持つ。
 高野山の奥の院、または総本山金剛峯寺にて駐在(不定期)し、法話を行っている。

 高野山高等学校特任講師
 大阪府泉佐野市観光大使
 四国八十八ヵ所霊場会公認大先達
 厚生労働省 偽造医薬品・指定薬物対策推進会議構成員

■主な著書
『極道の妻たち』○R
『歌舞伎町シノギの人々』
『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』など 129作品。

最新作
取材・執筆に4年かけた『少女は、闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園』(幻冬舎)
『女性のための般若心経』(サンマーク出版)
『修羅な女たち』(光文社文庫)

講演テーマ

ティーンからのメッセージ~知ってもらいたい。子供たちのこと~

私は、作家という仕事に就いてから今日まで、ずっとティーンたちの取材をし続けています。
また、女の子の少年院榛名女子学園に一年間取材で入らせて頂き、運動会や成人式などの行事にも参加させてもらいました。子どもやそのご家族と一緒に泣いたり笑ったり・・・その間、何人もの女の子たちやご家族から、じっくりと話を聞かせてもらいました。大切なのは、家庭なのだと取材を通じて知りました。
「ウチの子は大丈夫。何かあれば言ってくれるから」と、受け身になっていませんか?今の子どもたちは、とても大人思いですから、心配をかけまいと、大事な問題は大人に言わないことが多いのです。
DV、ひきこもり、自殺、摂食障害、リストカット、薬物、犯罪などを経験した子どもたちの生の声を是非聞いて下さい。また、子どもたちに、同じ時代を生きる違う土地の子どもたちの実態を知ってもらい、一緒に考えてもらうことは大切なことだと思います。
子どもたちは、家庭の中だけでなく、学校や社会でも育てていく必要があります。子育てから遠ざかった方々にも参加していただける講演です。

講演ジャンル

お知らせ

2018.09.04

2018年9月4日 台風21号接近に伴い営業時間を11:00までとさせて頂きます。

お急ぎの場合は、info@worldkikaku.jp までお願い致します。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

2018.08.02

夏季休業日のお知らせ

2018年 8月11日(土曜日)から8月15日(水曜日)

 

* 8月16日(木曜日)から通常通り営業を再開いたします。

甚だ勝手ではございますが,休日前後は何かと混雑が予想されますので、

何卒よろしくお願い申し上げます。

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755