講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

家田 荘子イエダ ショウコ

作家・高野山真言宗僧侶(高野山本山布教師・大僧都)

プロフィール

日本大学芸術学部放送学科卒業
 高野山大学大学院修士課程修了
 女優、OLなど十以上の職歴を経て作家に。
 1991年、『私を抱いてそしてキスして―エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録』で 大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
 2007年、高野山大学にて伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を受け、僧侶に。
 住職の資格を持つ。
 高野山の奥の院、または総本山金剛峯寺にて駐在(不定期)し、法話を行っている。

 高野山高等学校特任講師
 大阪府泉佐野市観光大使
 四国八十八ヵ所霊場会公認大先達
 厚生労働省 偽造医薬品・指定薬物対策推進会議構成員

■主な著書
『極道の妻たち』○R
『歌舞伎町シノギの人々』
『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』など 129作品。

最新作
取材・執筆に4年かけた『少女は、闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園』(幻冬舎)
『女性のための般若心経』(サンマーク出版)
『修羅な女たち』(光文社文庫)

講演テーマ

「取材現場から」 ~私の出逢った人たち~

『極道の妻たち』○R、 『少女は闇を抜けて 女子少年院・榛名女子学園』、『歌舞伎町シノギの人々』、『私を抱いてそしてキスして・エイズ患者とすごした1年の壮絶記録』、など、 あの本、あの連載、あの事件のあの容疑者など、これまで25年以上してきた取材の裏側 のお話をします。
本や雑誌に載せられなかったできごとや会話を含め、取材現場や人をありのまま、お話しすることによって、知られていない社会や人々の一面が見えてくることでしょう。
私は、光の当たっていない世界や人々にスポットを当て、取材をし続けて来ました。大変なのは、自分だけではありません。たくさんの人々が、それぞれの生き方と価値観を持ち、前向きな一歩一歩を歩んでいらっしゃいます。そういう人々の生き様と、取材を通じて教えられたことについて、お話ししたいと思います。

講演ジャンル

お知らせ

2018.07.14

7/17(火)大阪本社を下記に移転いたします。

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4-700
大阪駅前第4ビル7階
TEL 06-6485-8708 
FAX 06-6485-8755