講演会・イベント総合プロデュース
講演Wish

ワールド企画0120-61-6226

朝原 宣治あさはら のぶはる

陸上オリンピックメダリスト

プロフィール

兵庫県出身。高校時代から本格的に陸上競技に取り組み、走り幅跳び選手としてインターハイで優勝。同志社大学時代は国体100mで10.19秒の日本記録を樹立し、その加速力より「和製カール・ルイス」と呼ばれた。その後、大阪ガス株式会社に入社、ドイツへ陸上留学。
五輪初出場となった1996年のアトランタオリンピック100mでは日本にとって28年ぶりとなる準決勝進出を果たす。自身4度目となる2008年の北京オリンピック4×100mリレーでは、悲願の銅メダルを獲得した。同年9月、36歳で引退を表明。現役生活中には世界陸上に6回出場し、日本陸上短距離界の第一人者として活躍。2010年に陸上競技クラブ「NOBY T&F CLUB」を設立し、現在も次世代育成に情熱を注いでいる。妻は元シンクロナイズドスイミング選手の奥野史子氏。

2004年 アテネ五輪 100m2次予選3組4着、4×100mR4位(4走)
2004年 日本選手権 100m2位
2003年 日本選手権 100m2位
2003年 世界室内 60m予選
2002年 ローザンヌ・グランプリ 100m2位(-グランプリ短距離種目日本人最高順位)
2002年 日本選手権 100m1位(96・97・00・01・02年優勝)
2002年 釜山アジア大会100 m2位、4×100 mR2位(4走)
2001年 世界室内60m準決勝
2000年 シドニー五輪4×100mR6位(4走)-38秒31のアジア・タイ記録
1996年 アトランタ五輪 100m準決勝1組5位、走幅跳予選B組20位

 

講演テーマ

夢を追いかけて~諦めなければ夢は叶う~

北京オリンピック銅メダル獲得の舞台裏、引退後の心境など、幼年時代からの陸上競技人生を交えながら、諦めなければ夢は叶うという熱いメッセージをお伝えします。

心のバトンパス ~チームワークとコミュニケーションの重要性~

北京オリンピックで銅メダルを獲得できたのは、 日本リレーチームの研究成果と、4人の強い絆にありました。世界の強豪と対等に戦うための工夫と信頼し合える仲間とのつながりを語ります。

講演ジャンル

お知らせ